新車購入13年間のコストを計算してみた。

都会に住むには必要無くても地方には必要なものの筆頭に自動車があります。
特に人口規模10万人以下の小都市でQOL(クオリティオブライフ)を考えると無い生活は考えられないのです。私が住んでいる中核市でも車が無い生活では行動範囲が狭まり世界がまるで違ってきます。

そこで地方暮らしの≪必須アイテム≫である自動車にかかる全てのコストを13年間(新車購入~廃車まで)で計算してみました。※13年間の理由は14年目から自動車税・重量税が割り増しになるから。

諸条件は以下の通りとする。

  1. ラインナップは全てトヨタ車
  2. 1000㏄~2000ccまでで経済性と快適性をバランスした車種グレード
  3. 軽自動車は快適性に難があるので除外
  4. 本体価格+諸費用のみ。オプションは計算外(値引きで補てん出来ると仮定)
  5. 車検代は廃車まで均一とする
  6. 任意保険はネット保険の最安値レベル
  7. 3万キロ毎にタイヤ交換、5年に一度スタッドレスタイヤ交換
  8. 点検は年Ⅰ回、オイル交換・ワイパー交換など
  9. 月間1000km走行 ガソリン代120円/リットル
  10. 板金・修理代として10万円を予備費として計上
  11. 駐車場代は計上しない(地方では家賃に含まれることが多い)

kuruma

  • パッソ 年間経費≒32万 月間経費≒26,600円 1位
  • カローラ 年間経費≒39万 月間経費≒32,500円
  • アクア 年間経費≒39万4千 月間経費≒32,800円
  • プリウス 年間経費≒43万5千 月間経費≒36,300円

やはり新車時のイニシャルコストが最後まで響いた感じです。パッソとプリウスは新車購入時のコストは1:2ですが、プリウスは燃費が凄まじく良いのでトータルコストは1:1.4くらいまで縮小しております。
計算はしておりませんが、軽自動車(ムーブクラス)でも月間経費25,000円位ですので、日常生活+旅行など遠出で使うことを考えるとパッソがベストと考えられます。

いかがでしょうか?
車が無くても不便の無い都会から地方都市に移住すると家賃にプラスして3万程度が毎月掛かる計算になります。しかも大人1名につき1台が必然なので、家族がいれば2台~3台が当たり前。せっかく安い家賃の住宅に住んでも車2台で都会の家賃と変わらなくなってしまいます。

家賃コスト+自動車保有コストを考慮すると、便利な政令地方都市(人口70万以上)の繁華街周辺(家賃は東京より若干安い)に住み、車を保有しないのが最もコスパが良いのではないかと思われます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク