究極の家計に優しい車選び!(リタイア生活者編)

以前、新車購入13年間のコストを計算してみた。でトヨタ車で経済的な車種をピックアップし、新車購入から廃車までの※13年間に掛かる経費を計算しました。

※13年目以降ペナルティとして自動車税が1.5倍に値上がりします。また走行距離が15万キロを超え、故障が多発する時期なので現実的に13年で破棄するのが合理的選択と考えました。

今回はもっと突っ込んで、コストを究極まで削減すると月間経費がどのくらいで自動車を維持することが出来るのか?計算してみました。

我々地方都市に暮らすものにとって、自動車はなくてはならない相棒です。
かと言ってボロボロの中古車は惨めだし、愛着も沸きません。
新車もしくは新車に限りなく近い未使用車から、出来る限り経済的なものを選んでみました。

hikaku2

ワゴンR未使用車はカーセンサーから乗り出し価格100万未満で沢山探すことが出来ます。また、スイフト未使用車も同様に乗り出し価格120万未満で沢山探すことが出来ます。パッソとアクアは最低グレードの1つ上のグレードを選択。

この結果、やはりイニシャルコストがものを言い、ワゴンRがずば抜けて経済的な車ということが分かりました。
ワゴンRならば、日常生活の買い物やちょっとした遠出でも充分に快適な運動性能があるので、さほどクルマにこだわりのない方ならばマストな自動車でしょう。
その他は普通車ですが、税金負担が軽自動車のワゴンRと比較すると大きくその分が最後まで響いた感じです。
一番負担が大きいのがアクアで13年間で約465万、一番安いワゴンRが約310万、その差155万。

155万÷13年≒12万(年間)

1か月あたり1万円の負担でアクアが乗れる!(1日当たり333円!)

価値観によりますが、だったらアクアの新車買ったほうが良くないですか(笑)
超ケチケチ生活に喜びを感じる人ならばワゴンRをお勧めしますが、アクアはなんたってトヨタが誇るハイブリッド車、静かでスムーズな走行感・快適性はワゴンRとは比較になりません。

「車なんて走ればなんでも良いんだよ!」って方も一度アクアと軽自動車を乗り比べればバカでもその違いが解ります。

結論

究極のケチならばワゴンRを、日常の上質感を味わいつつ節約するならばアクアを選びましょう。(その他2車も良い車ですが、中途半端かも)

↓こちらからもセミリタイア生活の参考が見られます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

セミリタイア ブログランキングへ

おひとりさま ブログランキングへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク