リタイアして無職になったら節約出来るものとは?

無職なら対人関係に気を使うことがない

真っ先に思いついたのが「散髪代」です。今はいちおう接客業なのである程度の清潔感を保たないと売上にも影響するので1000円カットで毎月1回カットしています。
これが要らなくなるので年間1万2千円の節約。
「携帯電話代」もコストカット出来ますね。今は会社の経費持ちなので特別節約していませんので、毎月約10,000円も使っています。これをドコモから格安SIM業者へ変更すれば月3,000円で済みますので、年間8万4千円の節約。
「昼食代」もかなりカット出来そうです。現在はどうしても社内で食べざるを得ず、面倒なのでいつもコンビニで買っています。500円程度ですが、これがバカにならない。
無職なら200円以下で収まりそうなので300円/日×22日で6千6百円の節約。
「洋服代」は元々それほど掛からない質なのですが、どうしてもスーツ(夏・冬2着ずつ)&ワイシャツは必要で年間で均すと3万円程度は使っていました。
無職ならスーツは必要無いので0円です。
「ガソリン代」も通勤が無くなるので半分位になりそうです。年間走行距離1万2千キロの半分6000キロの節約で、約3万円の節約。(ちなみに車はHNの通りプリウスですw)

一番節約効果が大きいのが実は●●

会社を辞めて無職になると年間13万2600円が節約できるのが立証出来ました。
毎月にして1万1千円です、かなり大きな金額です。
しかし!こんなちまちました節約よりもっと大きな出費が一気に減ります。
それは、「健康保険料」「市県民税」「所得税」の3つ。
「健康保険料」は現在2万8750円/月、無職になれば6175円/月(前橋市の場合)
「市県民税」23500円/月、無職になれば475円/月(均等割 群馬県の場合)
「所得税」18710円/月、無職になれば0円/月

85万1520円-79800円=77万1720円の節約!

生活費と合わせて年間約90万ものお金が節約出来る予定です!
自分で計算しながらびっくりしました(^^;

いずれクルマの無い生活も視野に入れていますので、自動車税・車検時の自動車重量税・自賠責保険・任意保険等の自動車経費も無くなる予定です。(現在は全部会社経費)

酒やタバコは税金の塊

私の場合、自分で会社経営していますので、本来個人で負担しなければならない自動車経費、携帯代、会社負担分の厚生年金保険料などが給料分からは引かれていません。
個人事業ならこれらも可視化するので、もっと負担感は高いはず。
そう考えると、ある程度年収のある会社経営者にとって税金の負担分は相当になります。
まっさらな無職の個人になったら、出来る限り税金は支払いたくないので、税負担分の高い食品(アルコール類・タバコ等)は一切やらないつもりです。
究極は消費税のみの税負担で生活出来れば良いのですが、私みたいな人ばかりの世の中になったら国は税収不足で困るでしょうから、他の人にはほどほどに酒やタバコをたしなんで貰うことを願っております。。

↓こちらからもセミリタイア生活の参考が見られます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

セミリタイア ブログランキングへ

おひとりさま ブログランキングへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク