プラチナカード入会インビテーションが来たけれど…

JCB法人カードについて説明

私は零細企業を経営しており、法人の決済手段としてクレジットカードを使っています。
現在使用しているのはJCBゴールドカードで、年会費は1万円です。
年間約120万位使用しており、月額10万程度の経費をカードで支払います。
JCBゴールドのポイント還元率は1%なので、1万2千円分のポイントが付きますので、年会費は実質タダです。(ポイントはJCBの商品券に替え、直ぐに金券ショップで換金します)

JCBプラチナ法人カードインビテーション

本題ですが、プラチナカードに変えると年会費は3万円になります。
しかしポイント還元率は1%のままで、ゴールドより若干サービス内容が向上するようです。
そのサービス向上分は(ゴールドカード比較)

  • 旅行傷害保険金が5千万から1億円にアップ
  • カーアクシデントケア制度の付加(事故時5万円のお見舞金)
  • コンシェルジュサービスの付加(⇒使わないし自分で調べたほうが早い)
  • プライオリティ・パスの付加(海外出張するなら欲しいけど…)
  • グルメ・ベネフィットの付加(問い合わせしたら群馬に使えるお店が1つも無い…)

私にはメリットがほぼ、ありません。
せめてグルメ・ベネフィット(JCB指定の高級レストランの食事代が2名分のうち1名分が無料になる)が群馬で使えれば、3万円のモトは取れそうなのですが、これがダメだとまるで意味をなさないカードに
(せいぜいキャバクラのお姉さんに見せびらかせる位・私はキャバクラには行かない 笑)

結論 田舎経営者にはプラチナカードは必要無い

上記理由で今回のインビテーションはパスします。
海外出張とかしないにも関わらず、アメックスのプラチナやJCBザ・クラスなどを持っている田舎経営者を知っておりますが、彼らは何と戦っているのだろう?
ほとんど使用価値も無いクレジットカードの年会費に5万も10万も支払うなんてよっぽどの見栄っ張りなんでしょうねー

ケチな私はたとえ「経費」で年会費が落ちると知っていても彼ら見栄っ張りの心情は理解出来ません。


↓こちらからもセミリタイア生活の参考が見られます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

セミリタイア ブログランキングへ

おひとりさま ブログランキングへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク