やっと2月が終わる…あと半年の辛抱です。

今日で2月も終了ですね。
あと半年の辛抱です。
というのは当社の決算が8月でして、今年で8期目の決算となります。
今期の第2四半期(半年決算)までは黒字でやれていますが、あと半年このペースで数字を残せれば、もう思い残すことはありません。
予定では9期目を6か月程度に短縮してそのまま廃業するつもりです。

経営者として赤字だけは絶対にダメ

会社を終わられるのはもったいないと友人たちには言われますが、休眠会社にしておいてもこの先なにか新しい仕事を始めるつもりはさらさら無いので、「だったら俺の会社、M&Aしてくれよ」と冗談で言っています。

それにしても当初は自由に仕事をやりたくて独立をしたんですが、経営者がこれほど辛いとは想像も出来ませんでした。
どんな規模の経営者であっても売り上げが良ければ喜びは雇われ会社員の何倍にもなりますが、その逆の場合の辛さは何十倍です。
毎日毎日が戦いであり、心が休まることがほとんどありませんでした。
それでも独立してから約15年間なんとかやれていたのも部下や周りの友人に恵まれていたのが一番大きいです。知り合いの中には同じ商売をしてもうまくいかず撤退していった人もいるので私は運が良かったのかもしれません。

あと半年で終わりかと思うとちょっと感慨深いものがありますが、この10年間は人生で最も濃く充実していた時間でした。残りの人生はゆったりまったり何も考えないで過ごしてゆきたいです(^-^;


↓こちらからもセミリタイア生活の参考が見られます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

セミリタイア ブログランキングへ

おひとりさま ブログランキングへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. みんちゃん より:

    お疲れさまです!

    たまたまカンブリア宮殿で『エコリング』って会社の特集見ました。
    年商120億の急成長企業と持て囃しておりましたが、実態は怪しいもんだと思っています。利益、有利子負債など決算内容が全くわからず、業態自体も先細りのような印象を受けました。社長はイケイケでしたけどね。
    私は7年ほど前にリタイアして毎日だらだらとすごしています(現在45歳です)
    何が幸せかというとサラリーマン時代に真冬のクソ寒い日にブルブル震えながら駅まで歩いていた時間に温かい布団の中でぬくぬくできることです(笑)
    金を使って贅沢することが幸せに繋がらないことがハッキリとわかりました。
    何者にも支配されず自由に生きていくことこそ幸せだと感じています。
    健康なうちにリタイアされることは素晴らしいことだと思います。

    • プリウスごーいち系 より:

      みんちゃん様
      コメントありがとうございます。
      エコリングさん凄いですね!直営であそこまで拡大出来るのはよっぽど教育がきちんとされているのかと思います。
      それに比べてうちのFCは……

      みんちゃん様はリタイアの先輩なんですね!しかも38歳でリタイアですか?凄すぎです。
      確かに朝から布団でぬくぬくし誰からも文句を言われない状態は最高の幸せかもしれません。
      私も早くそんな立場になりたいです。

  2. ユウ より:

    会社の清算するのもったいないし大変ですね。知り合いが葬儀屋をやってますが、既存の会社を(病院とのコネ付で・・・)買ったそうですよ(*^^) 赤字を出さないのも凄い事ですし、自営で成功するには運が必要ですから、プリウスさんは運が良かったと思いますヨ。「心休まる事がなかった」というのは本当に辛いことです。。。あとまだこれからの人生40年ありますからね~、けっこう長いし、まだまだ楽しめますよ。85歳なんていわないで90歳越えまで生きて下さいw 

  3. ユウさんこんにちは。

    葬儀屋ですか?私の彼女が葬儀屋に勤めております♪
    自分は何度も挫折をしておりますが、最後は運が良かったと思っています。
    もう人生で失敗は味わいたくないのでこのまま逃げ切りたいです(笑)