定年退職後は黄金の15年である!

高齢者は男女で定年後の自由時間が違う!?

BLOGOS定年後の自由時間「立ち往生」しない方法という記事があり興味を持って読ませて頂きました。
定年後15年間(75歳まで)は自立した自由時間があるからその時間を充実したものにするよう努力しましょう的な内容です。

この記事中に自立度の変化パターンという図があり、男性は75歳過ぎから徐々に日常生活に援助が必要になるのに対し、女性は70過ぎから同じ援助が必要になります。
ちなみに日本人の平均寿命は男性80.79歳、女性87.05歳(6.3歳女性が長生き)
女性のほうが平均寿命が長いので、要介護期間は長くなる傾向にあるようです。

女性が男性より苦手なこと

これは私の推測ですが、女性は運動が嫌い(苦手)な人が男性より多いです。
特に田舎の女性に多いのが、歩くのがとても苦痛らしい…
100メートル位先のコンビニでさえも車で移動します。私の彼女もそう(-_-;)
若いときから歩くことを嫌がると、足腰を鍛えられずロコモディブ症候群になると言われています。このような生活習慣の女性が70歳頃から要介護になるのではないかと思われます。
もちろん男性も同様で歩くことを怠っていると早く老化します。

この記事の中で
そして私が特に強調したいのは、60歳から74歳の15年間は、家族の扶養義務からも解放されて、他人の介助を受けずに自己の裁量でもって好きなように生きることができる最後で最大のチャンスだということだ。

普通の人は人生の中でたったの15年しか自己の裁量で好きなように生きることが出来ないらしいです。
この記事を読んで、私はますます早期リタイアすることの正義を見つけた気がしました。
仮に75歳で要介護になるのなら、私はあと22年しか自由に生きることが出来ない!!

一刻も早くリタイアしなくては!!


↓こちらからもセミリタイア生活の参考が見られます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 見知らぬ男 より:

    大概の人には、意味、、、無いですね。

    少子高齢化と人手不足で年金の支払額と税金はうなぎ上り。
    貯める金すら、ありません。
    日本の3人に1人は貯金ゼロという統計もありますし。

    今後は70歳定年、年金支給会年齢75歳がほぼ確定します。
    年金支給会年齢の75歳までは働かなくては生きていけない社会の到来は確実です。

    黄金の15年間はありません。
    年金もらう時は、介護一直線状態です。そして、75年間働いた疲労ですぐに死亡でしょう。

  2. プリウスごーいち系 より:

    見知らぬ男様
    コメントありがとうございます。

    >今後は70歳定年、年金支給会年齢75歳がほぼ確定します。
    年金支給会年齢の75歳までは働かなくては生きていけない社会の到来は確実です。

    私の意見ですが、今後は定年という概念が無くなっていくと思います。
    働きたい人はいつまでも現役(雇ってもらるかは別ですが)、私みたいにさっさと早期リタイアする人も沢山出てくるでしょう。
    年金支給年齢は諸説ありますが、嘉悦大学教授の高橋洋一氏によれば、今のままでも年金支給年齢がすぐに上がることはないという試算が出ています。
    支給額は現状維持は難しいのかもしれませんが、年金が破たんするという根拠は全くないです。
    それでも今後は自己責任で生きることが前提の世の中になることは間違いないでしょうが。

  3. ユウ より:

    プリウス51系さんこんにちは。ちょっと、女性が70歳から…なんてイヤな記事ですね~ でもなるべく毎日ウォーキング続けようと思いましたw 早めリタイアするのは賛成です、とはいってもプリウス51系さんもまもなくじゃないですか!実際リタイアしてみて、今はまだまだ若い(体力と健康という意味で…)から色々行動出来るし。定年リタイアするの65歳とでは大違いですよ~ 人生楽しんで暮らしたいものです。

  4. ユウさんこんにちは。
    返信遅くなりごめんなさい。ウォーキングは男女問わずおススメの運動です(^^)
    1日8000歩が健康維持に丁度良いらしいですよ。自分もあと少しなのでその後の人生を充実させるために今から模索中です(^^;