親から突然電話が来たのでどうしたかと思いきや・・・

一生懸命お金を貯めて、堅実に生きていても誰かに足を引っ張られるパターンってありますよね?

友達から金貸してくれと言われたり(大抵戻ってこない)、あやしい投資話に騙されたり。

私の場合、これが親だったりします。(友達のパターンもあったがなんとか回収)

今日仕事中に電話があったのですが、なんの用事かと思いきや…

「いや~まいったよ、便座の電源がショートしてウォシュレットが壊れた。それにテレビも銚子悪くてTBSとテレ朝が映らなくなったんだ。。どうしよう」

うちの実家は親が60歳で退職後、家をリフォームしてその際電化製品も全部新品に買い替えましたが、すでに20年が経過しており、電化製品も寿命を迎えるころです。

「はあ?そりゃもう20年も経てば寿命でしょ?買い替えるしか方法ないよ」

「そうだよな~ ・・・・」

その後二言三言会話を交わして電話を切りましたが、明らかに私に金を出せという雰囲気満々でした(笑)

いくら親でも独立した家計ですし、私が出す筋合いはありません。

電化製品はいつかは壊れます。

一般的には10年で寿命でしょうし、普通の感覚ならその時を覚悟して多少の貯蓄はするのが当たり前だと思っている私ですが、親はそうではないようです。

すでに2か月前にエアコンが壊れてしぶしぶ10万円を貸したんですが、さらに追加でお金を貸すかは本当に考えてしまいます。

別にウォシュレット無くても死なないしね。

テレビはNHKさえ映れば年寄りには問題無いでしょう。

本当にうちの親にはあきれるばかりですが、暫く静観しようと思います。


↓こちらからもセミリタイア生活の参考が見られます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    普段から援助しているなら別ですが、普段何も援助していないのであれば、そして自分に余裕があるのであれば、たまには親孝行して買ってあげようとか買ってあげたいって思わないですか?
    私は若いころは全く何もしてあげられませんでしたが、余裕ができたのでそう思えるようになりました。

  2. プリウス51系 より:

    ご意見ありがとうございます。
    私の親は特別貧しい家でも無く、年金も人並み以上にもらっています。
    それなのに臨時の支出に対応出来ないのはおかしいと思います。
    要はお金を貯めることが出来ない人なのです。今までも何度もあったので少しは反省してもらいたいんですよね。親は大事ですしお金以外の援助ならば(例えば介護)喜んでやりたいです。

  3. ユウ より:

    プリウス51系さんこんにちは。親の世代は年金も高いし不思議ですね。お父さんの後妻さんって年金貰っているのかしら?
    何だか年寄り夫婦にしてはお金使いが荒いと思いますね。息子は事業をしてて羽振りも良さそうだからと頼り易いというのもあるかと思います。プリウス51系さんの言う通りすぐホイホイと援助するのも為にならずです。

  4. プリウス51系 より:

    ユウさんこんにちは。
    ここでは書いていないですが、車も買ってあげたし、家の修繕費も出してあげたんです。
    だんだん遠慮が無くなってきたので今回は無視したいと思います(笑)
    まあ想像通り後妻さんは1円も出していないようで、それに対しても私は不愉快なんですよね〜