質の高い無料のライフプランソフトでセミリタイアをシミレーション

以前、早期リタイアするに際して何度シミレーションしても不安になるとエントリーしましたが、ついに不安を払拭できるレベルのシミレーションソフトを発見致しました(^^)

他の類似ソフトと、どこがすごいの?

シミュレーションの精度が高い

他の類似ソフトでは、10個の質問に答えるだけで簡単にシミュレーションしてくれるというものもあります。しかし10の質問に含まれないことは、勝手な仮定の数字をあてはめてシミュレーションします。
たとえば、給与額、教育費、定年の年齢、日々の支出額を、仮定の数字(全国平均値)でシミュレーションするのです。

しかし、世の中の人全員が、平均値の収入と支出で生活しているはずがありません。多様な生活スタイルがある中で、実態と異なる数字で家計をシミュレーションしても、あなたの将来の的確な指針にはならないでしょう。

当ライフプランソフトには、収入や支出に関することをすべて、あなた自身の数値を使ってシミュレーションできます。あなた固有の情報を使うことで、精度の高いシミュレーションが可能となるのです。※Financial Teacher Systemより抜粋

このソフトは利用料が無料でプロのFPと同等以上のシミレーションが出来ます。

しかも数パターンにシミレーションを保存することが出来、それを何度でも呼び出すことが可能です。

私も早速このソフトに登録して、現在考えているパターンでシミレーションしてみました。


数字を入力するだけで将来の収入と支出の推移グラフを作ることが出来ます。


家計シミュレーションの終了時期を自由に決めることが出来ます。今回は100歳までに設定

●今回のシミレーション

開始日2018年(54歳)~終了日2064年(100歳)

物価上昇率0.2%

資産8200万+確定拠出型年金1800万(60歳時)

資産から毎年150万の手取り配当金(3.5%利回り)+30万の副収入=180万の収入

住宅は一生賃貸マンションで家賃12万(2年毎に13万の更新手数料)

生活費は月20万、60歳以降は月18万(国民年金・市民税・健康保険料込み)

13年に1度、500万の自動車購入費用(2回)

生活費から年60万は旅行費用(沖縄・北海道短期移住費含む)

年間収支と資産残高のグラフを見れば一目瞭然ですが、この生活が続くと90歳で残高0、それ以降はマイナスになり生活破たんします…

長生き確立表 によると、53歳の男性が90歳まで生きられる確率は22.6%ですので、大丈夫でしょうw

正直、この通りにならない確率の方が高い(大病を患って治療費が膨大になるとか)のですが、これ以上に無駄使いをしなければ、死ぬまでお金の苦労はせずに済みそうです。

あとは株式からの配当金なんですが、現在の基準では3.5%を超える企業はごくわずかです。

その中から選ぶとなると、いきなり減配を食らう可能性の高い会社も多いので、これだけは慎重に選び、無ければ株価が落ちるまで気長に待とうと思います。

資産運用プランはおいおい語りたいと思います。


↓こちらからもセミリタイア生活の参考が見られます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. ユウ より:

    長生き確立表やってみました。ワタシは92歳で37.8%だと… 同い年でも女性の方が長生きですよねw やっぱり自分は長生きしそうです。

    • やはり女性は長生きなんですよね。最低でも90歳まで生きることを前提で人生設計を組んだほうが無難です。このまま医学が進歩すれば100歳まで生きることも普通になりそうです。