いまさらながら家を売るかどうか悩んでいます

築年数5年目の我が家を売りに出てから早3か月、今のところネットでしか情報は出しておりませんが、反応はほぼ全く無いそうです…

まあ不動産の動く時期はこれから(1月~3月)が本番なので心配はしていないのですが、あまりに反応が鈍そうなので、先日100万円値下げしてみました。

4月に不動産査定を3社にしてもらった価格がおおよそ2900万~3000万位だったので、手取りで3000万残せればという価格設定で現在は売りに出しています。

私が家を売る最大の理由は「経済性」です。

1人暮らしなのに無駄に広い戸建に住む合理性の無さ、賃貸に出せば12万~13万で貸せる家に住み続ける無駄が許せないのです?
自宅を賃貸に出して、おまえは安いアパートに住めばいいじゃん?と思う方もいるでしょう。
でも当初家賃が未来永劫続くわけでもなく、古くなれば家賃を下げなければ入居者が居なくなるでしょうし、リフォーム代や固定資産税などを考えると維持するよりも売却したほうが合理的かなと思ったんです。

売れなくてもローンが無いので心は余裕なのですが、だんだんとこの家に愛着が湧いてきており、最近は「家売らなくても良いかな?」とも考えています。

実はこの家、維持費・光熱費が望外に安いんです。

維持費は長期優良住宅仕様なので、暫くリフォーム・外壁塗装などをする必要性はありません。ダイワハウスのメンテナンスに基づくと新築から15年目で外壁塗装、屋根点検をするのが最初の大きな出費となりますので、それまではメンテナンスフリー。
光熱費は、太陽光発電システム+オール電化住宅なので、電気代はおよそ年間48000円のプラス収支です。

ですので維持費は固定資産税の年14万のみ。
太陽光発電の売電期間が残り5年半ありますので、そこまでは電気代は全く掛からない生活が出来るので、あと5年間はこの家に住み、そのあとに考えれば良いのかな?なんて考えています。

あと5年後の住宅市況がどうなっているのか、恐らく現在よりは悪化しているでしょう。
その時に自分の希望価格(2500万位?)で売れるかは全く分かりません。
そうなったらそうで特に困ることは無いので、あたふたせずに構えて居ようと思います。

でもこういう時ほど意外にすんなり売れてしまうんですよね。
私としては3000万で売れるのが一番ベストなので、またご報告しますね。


↓こちらからもセミリタイア生活の参考が見られます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. ユウ より:

    安売りするくらいなら暫く今のままでもいいと思いますよ。リタイア生活になったら当面遊びとやりたい事をして忙しくなるでしょうし、取り合えず少し経って落ち着いてからの方が考えが絞れるかもね~

  2. プリウス51系 より:

    ユウさんコメントありがとうございます。
    そうですね、安売りだけは避けたいです(笑)
    ローンも無いし住みながら売却するのでそんなに焦ってはいないんです。
    売れたら売れたでラッキーなんですが