福永ジョッキー応援隊長の詳細なプロフィール

わたくし=福永ジョッキー応援隊長は2017年で約30年間の労働生活から卒業しました。
ハンドルネームはJRA所属の福永祐一騎手を長年応援していることから付けました。
最初に、なぜ私は53歳にして早期リタイアをしたのかをお話します。

私は大学生時代に日々の生活費を稼ぐ必要性(授業料は親が出してくれました)からアルバイトを始めたのですが、コンビニのバイトは2か月でクビになったり(経営者からやる気の無い人に見られたらしい…)したダメ人間でした。当時から雇われ仕事は好きでは無かったようです…

その後縁あって当時の郵政省でワープロ文字入力のお仕事をさせて頂き、そのために電車通勤(約1時間半)を初めて経験したのですが、「こんな辛いことが一生続くなんて絶対無理だ!」と若造だった私は思いました。それほど通勤という行為が私にとっては辛い事象だったんです。
その後なんとか会社に就職出来たのですが、やはり通勤時間がネックで仕事はそこそこ楽しくても毎朝の通勤がとても辛く(当時の住まいは八王子、会社は日本橋)3年間でギブアップ、その後品川区へ転居しました。通勤時間は半分以下になりましたが、今度は仕事への慣れ・中弛みで労働意欲が無くなり、その当時楽して金を稼ぎたいという欲?もあり、そんなことを考えていると良くしたもので変な投資話の誘いが舞い込んできました。
その投資は「大豆の先物取引」で全く仕組みも知らないのに営業に騙されて50万を投資しました。その後直ぐに追加で100万を投資し、それが追証になりあれよあれよという間に投資金額が400万を超えました。そんな金持っていなかった私は半分以上を借金=年利28%の消費者金融で調達し、1年足らずで金が回らなくなり400万の借金だけが残ったのです。

その400万の借金を当時の手取り給料28万から20万を2年かけて支払い完済した次第です。
その間ストレスで十二指腸潰瘍になり激やせしたり髪が抜けたり散々でした…
その当時婚約をしていた彼女がいて借金を完済したら結婚しようと約束をしており、無事に結婚は出来たのですが、そんな彼女ともたった4年間の結婚生活しか保たず、35歳にしてバツイチとなったのです。
当時、長年勤めた会社も退職していた私は住む場所も無くなり、貯金も200万ほどしか無い状況で、追い込まれた私は手っ取り早くお金を稼ぐ方法として株式投資を学びました。
幸い当時ネット証券が勃興し始め、かつネットバブルが発生しており、インターネットから簡単に株式投資ができる状態が整っていました。
当時はヤフー掲示板やチャートなどから見よう見まねで良さそうな銘柄に投資し、相場全体が好調だったこともあり、数十万円の利益はわりと簡単に得られていました。
ただそんな好況も長くは続かず、あっという間にネットバブルが弾け、株式投資では儲からなくなりました。

結局私はたいした利益も上がられず株式投資から撤退し、地元にいた友人に事業の立ち上げを誘われ田舎に戻ったのです。
事業は当時流行っていたパソコン教室で、社長含め3名で立ち上げました。
3名で100万ずつ出資して立ち上げた事業(有限会社)でしたが、まったく儲からず、さらに社長が知らずに無駄な事業に投資してお金が回らなくなってしまいました。たったの2年で借入金が1500万まで膨れ上がり、早々と悟った私はその半年後に退職(辞めるまでの半年間は無給)。
幸い会社の借金を負うことはありませんでしたが、39歳にしてまたしても無職になってしまいました。
40歳目前で無職、貯金少ない、彼女無しといいこと全くありません。

田舎なので就職先も見つからず、もう一度東京に戻ろうか迷っていた矢先、友人から●リヘルをやらないかという誘いを受けます。その友人は風●が大好きで奥さんに隠れて毎週のように●リヘルに通っていた人なのですが、当時は店舗型●俗が主流で●リヘル(無店舗型風俗)はあまり無かった時代です。その後良く調べ、●リヘルは利益率がものすごく高いことが分かり、さらに無店舗ゆえに初期費用が格段に安いのです。友人も親から継いだ会社が斜陽産業で不安だったのでしょう、2人で50万ずつ出し合い初期投資100万ではじめたのです。
全くのド素人から始めた風●という職業ですが、経営という意味ではどんな仕事も同じなので、さほど不安はありませんでした。ただ実際初めてみるとまず商品である女の子集めに非常に苦労して、最初は全く集まりませんでした。最初の2か月間はホームページ作りと女の子集めを同時にし、求人雑誌に掲載しても全く電話が鳴りません。
限られた資本と時間しかない中、なんとか女の子と面接の約束を取り付けてもバックレられたりしたことが1度や2度では無かったです。風●をやる女の子に対しての不信感がピークに達し「約束も守れないような人間ばかりの業界」に嫌気がさし早くも凹んだのを覚えています。

3か月目にようやく1人目の採用が決まり(この子は大当たりだった!)たったの1人の在籍からスタートした店舗でしたが、その後はなぜか順調に女の子が集まり始め、オープンから3か月で軌道に乗せることに成功しました。
その後共同経営だった友人とは暖簾を分け、その後も友人とともに順調に成長することが出来ました。
会社員から独立して初めて事業を成功させることが出来た訳ですが、そんな中でもヤ●●に絡まれたりと風●ならではの怖い思いやブラックな出来事があり、さらに女の子たちの傍若無人な行動に疲れ果てた私は5年で店を閉めることを誓います。
5年間で数千万円貯蓄が出来たので、店長に事業譲渡し、新たな事業である古物商に転身しました。その後2度目の結婚をし、やっと安定した人生を歩めると思っていたのですが、嫁との性格の不一致・人生観の違いなどがあり、またしても4年の結婚生活後にバツ2になったのです。

さすがに短い期間で2度も離婚すると人生観は変わります。多分私は結婚に向いていない人なんでしょう、残りの人生は自分のことのみを考えることを最優先し、元々労働が好きではなかったのもあり、50歳を過ぎたころより早期リタイアを夢見るようになります。

幸い古物商の仕事も順調だったこともあり、貯蓄額も順調に増え続けました。
さらにアベノミクス相場にも少しだけ乗ることが出来、株式投資でも増やすことが出来たので、事業を友人に譲渡し2017年をもって引退することになりました。

資産推移ですが、
29歳でマイナス400万
39歳で300万
49歳で5000万
53歳で9920万です。

内訳は不動産3000万、現金3000万、確定拠出型年金1500万、その他投資2000万、自動車420万
不動産(戸建)は売却予定です。売却後は賃貸マンションに移るつもりです。

投資歴は20年と長いですが、途中で休んだりしているのであまり上手ではありません。
チキンハートなので、現物かつINDEX投資のみで運用しております。
趣味は競馬鑑賞、お金は掛けず好きな騎手(福永)を中心に好きな馬を応援し続けるタイプです。競馬場に行くのも好きなので引退後はJRAの競馬場をすべて制覇しようと目論んでいます。クルマも大好きでこれまで20車種以上乗り継いでおります。
現在の愛車はアウトランダーPHEV この車で車中泊しながら日本一周をするのが目標です。
犬(ポメラニアン♀)を飼っています。今はこいつが心の支えになっています。
彼女もいますが、結婚は考えていないので今後どうなるかは予測出来ません(笑)

冬は沖縄、夏は北海道で生活することを決めています。
沖縄と北海道は別荘とかホテルではなく、ウィークリーマンションを借りて避寒・避暑を目的に短気滞在するつもりです。ANAマイラーなので、年に一度は海外旅行をする予定です。
年間旅行費用100万円予定しておりますが、今の資産だと少し足りないのでアルバイトをするかもしれません。

こんな人生を歩んできた私ですが今後もよろしくお願いします(^^)

↓こちらからもセミリタイア生活の参考が見られます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. そーだ男 より:

    すっごく興味深く読まさせていただきました。
    いろいろあられたようですが、すごくうらやましい人生です。
    あやかりたいです。(^o^)!

    でも、NGワードが出てきていますよね。
    ちょっと気になります。
    せっかくの良記事、Google様にひっかからなくなるのかな?

    • 福永ジョッキー応援隊長 より:

      そーだ男さま
      ご指摘ありがとうございます。早速直させて頂きました(笑)
      なにがうらやましいのか?良く分からないのですが、エキサイティングな人生だったのは確かですw
      たまたま上手くいったので今生きていられるのですが、色々チャレンジ出来たことを後悔はしておりません。

  2. ユウ より:

    わー、ちょっと赤裸々な内容ですね。匿名とは云え… なかなか書けないもんですヨ(。・ω・))フムフム リタイアが節目となって、自由なんですからどうぞ新しく羽ばたいて人生を謳歌してください。

    • 福永ジョッキー応援隊長 より:

      ユウさんありがとうございます。
      ギリギリ支障のない範囲で公開しております。読む人にとって私という人間がある程度分かったほうが興味湧いてくれると思いますのでw