リタイア生活で一番大切なことに気がつく

大変ご無沙汰しております(^^;

特に何事もなく、沖縄から戻り日常生活を日々幸せに過ごしておりました。

無職サイコ━゚:。*━ヾ((●´∀`●))ノ゙━*。:゚━オ!!

さて、暇なリタイア生活もすっかり馴染んてくると今まで気にかけていなかった些細な事が気になり、いかにコストを抑えつつ合理的に解決できるかを模索しております。

その1つが毎日の食事

私の朝食(ほぼ365日同じ)は以下の通りです。
1、食パン+バター&イチゴジャム
2、コーヒー2杯(400㏄)
3、ヤクルトミルミルS
オプションでバナナorその他フルーツ(摂らない時も多い)

オプション以外の1,2は10年以上同じ、3は5年同じものを食しております。

話はずれますが、リタイア生活に一番重要なことってなんでしょうか?

お金? パートナー? 生きがい?

NO! NO! NO!(高須クリニック風に)

健康でしょ! 異論は認めません。

で、健康な身体を維持するためにはまず食事が大事ですし一番簡単で確実な改善方法でもあります。
私の場合は朝食を改善することが一番簡単確実な方法だと思いました。

改善点その1
パン:パンは以前の記事で書いたのですが、今まではパスコの超熟6枚切り(158円)を食しておりました。
最近暇なので、以前からあったホームベーカリーを使い材料から作ってみたのですが、強力粉+スキムミルク+バター+砂糖+塩+ドライイーストを1回分で計算すると約150円になりほとんど市販のパンと価格は変わらない!なぜ?

市販の原材料は小口なので割高なのは分かるのですが、それにしても市販の食パンで73円!(ドン・キホーテ 薫麦)で売っているものもあり原価はいくらなんだろうか?
※原材料にどんなものが入っているのか考えると恐ろしいです。

原材料名:小麦粉、ぶどう糖加糖液糖ショートニング、パン酵母、砂糖、食塩、脱脂粉乳、発酵風味料乳化剤酢酸Naイーストフード、ビタミンC、(原材料の一部に大豆を含む)

かなりヤバイ原材料でした。特にバターの代わりに使っているショートニングは欧米では禁止されているトランス脂肪酸が入っているので長年食べ続けると確実に健康を害するはずです。

しかも最近はセブンイレブンでセブンブレッド(145円)という超熟のパクリを出したので、より安く良質な食パンが手に入るようになりました。

ホームベーカリーのメリットは焼きたては確実に市販のパンより美味しいことですが、1斤を3日に分けて食べるとどうしても残りの2回分は冷凍室で保存することになります。2日目3日目のパンは特に美味しくは無いので、これはどうかと。あとは源材料の安全性は市販品よりはあると思いますがそれも大差ないと思われます。
(特にセブンブレッドは原材料にマーガリンを使わずバターを使用しているのは超熟より優れている)

以上から毎日食べる食パンはセブンブレッドが一番優れていると結論づけました。
※パンに付けるバター&ジャムはコストコで無添加・有機栽培のものを買って使用しております。

改善点その2
コーヒー:家にパナソニックの全自動コーヒーメーカーがあり、豆・水とフィルターをセットすればあとはお任せなのですが、豆は今までコストコで最安値のものを買っていました。
しかし、最近ドン・キホーテでコストコよりさらに安値(500g=598円税別)で売っているのを知ってからはドン・キホーテ一択になりました。味もコストコより美味しく文句がありません。問題は安全性(ハマヤというメーカー)なのですが、今のところ体調は全く変わらないので暫く続けてみます。

ヤクルトミルミルに関してもっと安くて同じようなヨーグルトがあるかと思いますが、5年も付き合ってきたヤクルトレディとの人間関係から切ることが出来ません…

ミルミルは私の病気(クローン病)にとても合っている菌(大腸ではたらくビフィズス菌 BY株)が配合されているので、半分薬だと思って続けてまいります。

追伸:1ヵ月間の沖縄生活中、滞在先のキッチンにトースターが無かったんです。
そこで朝食のパンはいつもスーパーで買った菓子パンを2つ食べていたのですが、2週間経った頃、お腹の具合がなんか調子悪くなり、この菓子パンが原因ではないかと推測したんです。菓子パンの原材料にはショートニングが含まれており、さらに脂質が30gも含まれているものがありました。その後は食パンを買い、毎朝ジャムを塗って食べていたらお腹の調子が改善したので、菓子パンは毎日食べるものでは無いと思った次第です。


↓こちらからもセミリタイア生活の参考が見られます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 第二の人生・第三の人生へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク